お問い合わせはこちら

ブログ

金魚葉ツバキの透かし剪定 さいたま市見沼区

2016/06/07

金魚葉ツバキの透かし剪定 さいたま市見沼区

こんにちは。

株式会社 花蝶園 女庭師の 野村ゆみです。

今日から始まりました。

花蝶園の夏フェス第1段!

広いお庭なのでお手入れに1週間かかります。

夏フェスと言っても、今年はずいぶん涼しいので、お手入れもしやすいです(´▽`)

さて、今日はツバキのお手入れのご紹介です。

こちらは4m位の金魚葉ツバキですが、弊社が手掛ける数年前までは

刈込仕立てにされていて、とても可哀想な状態でした。

なぜ刈込仕立てだと可哀想かというと。。。

刈込仕立てというのは、樹形を円錐状にしたり、球状にしたりするために、

外側を刈り揃える仕立て方なので、葉を切るんです。

金魚葉ツバキは葉の美しさがチャームポイントであるので、

刈り込んじゃったら、せっかくのチャームポイントが台無しになってしまいます(>_<)

(画像)

お手入れ前 透かし剪定して7年目

だから、金魚葉ツバキは絶対に透かし剪定。

金魚葉ツバキに限らず、弊社では、ツバキは透かし剪定しかしません。

うっすらと向こうの景色が見えるくらいが丁度よいです。

透かし剪定だと、木の中心まで日光が入り、また、風通しも良くなるので、

木が元気になり、チャドクガなども発生しにくくなります。

透かし剪定のポイントは、丁度良い枝を残して、木の輪郭を構成させ、

枝先はほとんど切り詰めません。

そして、てっぺんは日光が当たって生育が激しいので、

出来るだけしっかりと透かします。

言葉で表すのは難しいですね(笑)

詳しく知りたい方は、お問い合わせください(^_^;)

(画像)

お手入れ後

金魚葉ツバキは、葉の形が金魚に似ていることに由来します。

面白い葉の形ですよね!

それでは、暑かったり肌寒かったりですが、

風邪などひかれませんように(^^)/