ブログ

ソヨゴに発生した カイガラムシと すす病 千葉県柏市若白髪にて

こんにちは。

株式会社 花蝶園 庭師の野村ゆみです。

 

今日はカイガラムシについてです。

ソヨゴや月桂樹などカイガラムシが特に発生しやすい樹木があるのですが、

今日は、治療中のソヨゴをご紹介します。

12月末にカイガラムシが発生しているのを発見し、枝1本1本爪でカイガラムシをこそぎ落としました。

そして、カイガラムシの分泌物により併発してしまうのがすす病です。

その時はすす病も出ていたのですが、2か月経過の様子が下の写真です。↓

すす病

すす病

以前カイガラムシがびっしりくっついていた形跡は残っていますが、

すす病は雨風で自然とこのようにパラパラに浮き上がっています。

すす病も治ってきた

すす病も治ってきた

指でこすっただけで、すすが剥がれ落ちてきれいな葉が出てきました!

いい感じです。

ところがですね~、新しくまたカイガラムシが発生していたのです (+_+)

新たにカイガラムシ発生!!

新たにカイガラムシ発生!!

新たにカイガラムシ発生!!

新たにカイガラムシ発生!!

 

2か月前に取り切れなかったカイガラムシがあったのでしょう。そこから繁殖してしまったようです。。。

しばらくは カイガラムシVS.私 のいたちごっこになると思いますが、

地道にお手入れしていれば駆除できます。

綺麗に取れた後には予防も兼ねて薬剤散布もしました。

 

薬剤散布に関しては、例えば梅に発生するカイガラムシはテントウムシが天敵なので、

テントウムシの幼虫がいたりすると、私は薬剤散布しない派ですが

ソヨゴに発生するカイガラムシの天敵は「ルビーアカヤドリコバチ」という小さなハチだそうです。が、私は見たことが無いです(;・∀・)

天敵、いないみたいなので薬剤散布しました。

「ルビーアカヤドリコバチ」出動して欲しいです。

 

それでは~。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スタッフ・料金・注文の流れ

ブログカレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

花蝶園ブログカテゴリー

過去の花蝶園ブログ

ページ上部へ戻る