ブログ

人工芝による雑草対策 ふじみ野市亀久保

こんにちは!

株式会社 花蝶園 女庭師の野村ゆみ です。

今日は、雑草対策の一つ「人工芝」をご紹介したいと思います。

雑草対策というと、

「防草シート+砂利」「防草シート+バークチップ」

「レンガを敷く」「コンクリートで固める」「固まる土で固める」

「グランドカバープランツを植える」等が定番ですが、

花蝶園では「人工芝」を使う時もあります。

以前の人工芝って、緑色のプラスチックでとても「芝」には見えなかったのですが、

ここ数年、だいぶリアルな芝に近づいてきています。

今日のお庭は、以前芝桜の時にご紹介したお庭です。

芝桜

芝桜祭りの時

とてもきれいな芝桜なのですが、実は、ここは以前、雑草パラダイスでした。

こちらの芝桜ゾーンは「グランドカバープランツ」による雑草対策をしたってワケです。

でも、芝桜ゾーンの奥を見てください!

すごい草むらになっているのです(>_<)

お施主さんは、とてもじゃないけどこの広いお庭、草むしりばかりしているわけにはいきません。

何とか、管理が楽になるように、ということで、人工芝を敷いていきます!

除草剤

除草剤散布後 2週間目

まずは、除草剤を散布して2週間ほど経過すると雑草が枯れます。

少し可哀想ですか??

土への残留性は無い薬品だそうです(^-^;

除草剤を使わないと、なかなか根から根絶できないんですよね。。。

そして、枯れた雑草を綺麗に掃除してから、人工芝を敷いていきます。

人工芝を敷く

人工芝を敷く

木の根元は木のために空けておきます。

石や植え込みに沿って人工芝をカット。

石に沿ってカット

石に沿ってカット

お庭の奥までしっかりと敷きますが、

木の根元を開けておくのは、雨水の浸透はもちろんなのですが、

葉が落ちたり、果実が落ちたりして、

それが自然と養分になるためです。

それと、隙がなくしっかりと造り込むのが、

私は息が詰まりそうで、あまり好みじゃなくて・・・(^-^;

これくらい空いててもいいじゃない~♪って感じです。

施工前

施工前

全体に敷き終わった

施工後 全体に敷き終わった

全体に敷き終わった

施工後 全体に敷き終わった

結構芝生っぽく見えるものですよ。

これで、草むしりの大変さからかなり解放されたと思います(^^)

以上、人工芝による雑草対策でした~。

それでは!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スタッフ・料金・注文の流れ

ブログカレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

花蝶園ブログカテゴリー

過去の花蝶園ブログ

ページ上部へ戻る