ブログ

お庭を造りました

植物がお好きなお客様のお庭。

花壇の中に雑草が多く、

大切な植物達は鉢植えで沢山置いていました。

でも、海外出張なども多く、なかなか管理しきれない状態・・・。

芝部分も雑草に負けてきてるし、

庭は排水性が悪く、水たまりがなかなか引かないくて、

ふんだんに使われている枕木も白アリがたくさん。

<施工前の状況↓>

035

<施工前↓>

061

<施工後↓>

CIMG5410

 

暗渠(あんきょ)工事で排水性バツグン(^^)v

新規の枕木も、今までと違って、直接土に触れないように、

排水性の良い砂利の上に設置してます。

普段はおばあちゃんが洗濯物を干したりするので、

歩く部分はつまづかないように、フラットにしています。

枕木花壇を高・中・低の変化のある石積み花壇に変えて、

園芸用土も新たに投入。

鉢植えの植物達もできるだけ管理が楽なように

花壇にお引っ越し。

日陰のお庭なので、出来るだけ明るく見えるようにしましたが、

どうでしょうか(*^_^*)

CIMG5406

お客様からのご要望で、石積みも、敷き石もモルタルを使っていません。

石は下の石の形にに合わせて加工して、

自分の重さで安定するようにしています。

これが手間がかかるのです^_^;

工期は長くかかってしまいましたが、

楽しいお庭が出来たと思います(^^♪

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • ごんじじ
    • 2014年 2月 05日

    いつも、ステキなお庭です。
    最後の写真、右側はクリスマスローズかと思いますが、左側の青紫の花は、オダマキ?この季節に?

      • 花蝶園
      • 2014年 2月 09日

      ごんじじさま

      コメントありがとうございます。

      さすが!そうです(^.^)
      お客様が色んな品種のクリスマスローズを育てていらしたので、
      花壇に移しました。
      オダマキは、お客様の花壇に植えたいと思っていて、
      この時期なので、なかなか入手できない諦めていたところ、
      偶然見つけたので、即買いました。
      この雪でも耐えてくれていると良いのですが・・・(>_<)

        • ごんじじ
        • 2014年 2月 10日

        私は、花ではなく、葉っぱで植物を区別するので(地味^^;)
        オダマキ(ミヤマオダマキ)は、もともと高山植物だから、寒さには強いと思いますが。。。
        関西では、耐暑性の強いオダマキが出回っているので、今年は、植えたいなあ。
        あの青紫色と白のコントラスト、うつむきがちな咲き方が好きです。
        信州の実家の庭は、一時オダマキだらけになっていました。種でよく増えるんですよね。

          • 花蝶園
          • 2014年 2月 11日

          ごんじじさま

          葉で区別されるなんて、玄人ですねぇ。
          私も、オダマキのうつむきがちな咲き方、好きです。

          ごんじじさまは信州のご出身なのですか?
          山野草が自然に生える土地って憧れます(^_^)

            • ごんじじ
            • 2014年 2月 11日

            私は、信州出身です。
            結婚で、関西に。
            信州は、1年のうち半年近く冬の気候(私の産まれ育ったところは、雪よりも寒さの厳しいところ)で、この季節に梅の花が咲く関西の気候は驚きでした。
            父が山野草大好きで、実感の近所にも山野草好きが多くて、皆さんで情報交換したり、種を分けたりしていました。カタクリも普通に庭に咲いていました。

    • 花蝶園
    • 2014年 2月 13日

    ごんじじさま

    そうだったのですか~(◎o◎)
    私は昨年初めてカタクリの花を見ました。
    こちらでは見られないので、感動しました。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スタッフ・料金・注文の流れ

ブログカレンダー

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

花蝶園ブログカテゴリー

過去の花蝶園ブログ

ページ上部へ戻る